今日から始まる。

自分のことを「人が好きになれない人間」だと思い、どうすればいいのか悩んでいたとき、アセクシャルを知ってホッとしました。
自分の気持ちを整理するため、考えたことを文字にしていけたらと思います。

人間は退化している?

こんばんは、リサと申します。


マスクして寝てるのに乾燥で喉が痛くなる今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか(ごほごほ)


退化した結果、同性愛

私が大好きな漫画で、天使が主役の話があります。
その話のなかに、天使は種として老いており、同性にしか欲情しないので子孫を残すのが困難というトンデモ設定があります。
女しかいない設定の漫画とか、男しかいない設定の漫画がありますが、似たようなもんなのかなーと勝手に思ってます。


つまり、子孫が残せないっていう点では確かに退化と言えるのかな?ということ。
(これでセクマイ叩く人いるんだよな…とちょっとげんなり)


とはいっても、セクシャルマイノリティでも稀に子供を産む人いますし、体外受精で産む人もいますから、一概にそうとは言えないでしょうけど。


進化の反対は?

進退という熟語がありますので、一般的には対語は退化になるであろう、この言葉。


ある漫画で、進化の反対は無変化だという言葉がありました。
一見「退化」に見えても、変化し続けることは「進化」。
変化の先が良いことならきっと進化と呼ばれるのでしょう。けど、立ち止まっていたらその変化さえない。良い方にも悪い方にも変わらない、それが進化の反対。


これを読んだとき、人間は進化し続けてるんだなーと思いました。
前項の同性愛も、性の多様化ですよね。その結果、子孫を残せない人がいるかもしれないけど、決して退化ではない。


見える化

セクシャルマイノリティの人もきっと昔からいたんだと思います。
ただ、それが許されない社会だったから見えなかったのでしょう。


現在、その存在が明らかになっていること、見える化していること、それも進化の1つだと感じます。


アセクシャルという存在を知って私が救われたことを逆説的に考えると、その存在が知られていなかった頃は苦しむ人がたくさんいたんじゃないかと思います。
もちろん現在進行形でそういう人はいるでしょうけど。


見える化推進委員会の登録ナンバー001をここに宣言しようかな(笑)
ブログを始めた理由は結局これなので。


今日のまとめ。

セクシャルマイノリティの見える化=人間の進化の一つ。
昼下がりのワイドショーで下品に取沙汰される見える化ではなくてね。


見えることは知ることにつながります。




にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ