今日から始まる。

自分のことを「人が好きになれない人間」だと思い、どうすればいいのか悩んでいたとき、アセクシャルを知ってホッとしました。
自分の気持ちを整理するため、考えたことを文字にしていけたらと思います。

自己紹介(後編)

こんばんは、リサと申します。
やっと自己紹介も終盤に入りました。私はどんだけ自分語りするんや。


今回で(自己紹介は)終わりなので、どうぞ、どうぞお付き合いください。


肝っ玉の小ささで上位に食い込む。

そういうわけで、嫌いなこととか行為は言わないと伝わらないよと親友が教えてくれました。
だから私は言わなくちゃなりません。言いました。
1回では伝わらなかったので、2回言いました。


私、人に向かって否定の言葉をいうのがすごい苦手で、本当に勇気がいりました。
けど、それは結局伝わらなかった。
相手は、ディープでないと愛が感じられない、と言っていました。
私はアホですので、「付き合うことはお互い妥協していくこと…いつか着地点が見つかる」みたいなことを考えました。


ただ、最終的に別れましたw


憧れと現実を目の当たりにする。

オトナの彼氏ができれば、ことはポンポンと進む。そう思っていた私。
けど実際はそうでなかった。キスすらたじたじ。
セックスにも憧れているけど、それは妄想のなかだけで、実際男性を目の前にするとそんなこと考えられません。


漫画の中にある、引き寄せられるようなキスとか、幸せあふれるセックスとか、私は一生できない。
そう感じて落ち込みました。


こんな感じなので、一瞬私はレズなのではないかと考えたことがありました。


サバサバしてて男勝りなところがあるのでね。
けどそれもすぐ立ち消え。だって別に女に性欲わかないもん。


じゃあ私はなんなんだ。エロいくせに不能、心の不感症、それとも運命の相手が来ないだけ?


自分と同じ人を見つけたくて調べまくる。

みんなと違うんじゃないか、そういう不安で宙ぶらりんな気持ちになって、いろいろ調べました。
人を好きになれないとか、付き合うまでは楽しいとかそういうワードで。
そうして調べていたとき、ある言葉が目に入りました。


それがアセクシャルです。


これは一筋の光明でした。私が悩んでいたことが、書いてある。これなんだ、私は。
そう思い、安心しました。アセクシャルの私。


そうして新しい世界が開けた私ですが、プロフィールにもある通り、アセクシャル「気味」と言っています。
これは、性はグラデーションという観点から、私はアセクシャルに「寄って」いると思うからです。
いくつか調べているうちに、自己判断でアセクシャルと考えてしまうのにも危険をはらんでいるということがわかりました。
また、カウンセリングに行ったとしても、病気というわけじゃないので「あなたはアセクシャルですよ」と教えてくれるわけじゃないとも。
そうですよね、グラデーションですもの。アセクシャルもひとつではない。


「普通」の人たちも、マジョリティではあるけど、一人一人は違うと思います。
だから私は、アセクシャルですと言い切るのではなく、アセクシャルらへんにいるのかなーという感覚でいます。


死ぬまでわからない。

これも調べている中であったんですが、アセクシャルは「恋愛感情なし、性愛なし」というカテゴリーであり、「ない」という状態なんですよね。
だから、自分がそうであると認識しにくい。


さらに、自分はアセクシャルだ、と思っても、もしかしたら明日恋愛感情が芽生えるかもしれない。
そういう状態なんです。
死ぬまで、明日がなくなる日まで、自分はアセクシャルだって言い切れない。


まあそれを逆手に自分の心に安寧を見いだせればそれはそれでいいんですが。
やはり、人間よりどころが欲しくなります。
自分はこうなんだって思ってた方が楽なんですよね。


そういうわけで運命の相手が現れたら私の性指向も変わるでしょう。
それはノンセクシャル(恋愛感情あり、性愛なし)かもしれないし、マジョリティになってるかも。
これについては本当にわかりません。断言できないからこそ、アセクシャル気味の私です。





ここまで読んでくださってありがとうございました!私は元気です!どうも!


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ