今日から始まる。

自分のことを「人が好きになれない人間」だと思い、どうすればいいのか悩んでいたとき、アセクシャルを知ってホッとしました。
自分の気持ちを整理するため、考えたことを文字にしていけたらと思います。

平行線とは私のことだ!かかってこい!

こんばんは、リサと申します。


前回の更新から随分間が空いてしまいました。
平和だったってことですね。


若い男たち。

仕事柄、あまり若い男の方と接する機会がなかったのですが、最近少し環境が変わりまして、逆になりました。
つまり、若い男たちに囲まれてます(笑)
ついつい妄想しがちな私にとって、嬉しくもあり、仕事がはかどらないこともあったりw


こういう環境になって改めて、「男性が嫌いなわけじゃない」というのが自分でもよくわかります。
私は男性が嫌いじゃなく、性的興奮を覚えるのは男性という、ヘテロ寄りアセクシャルなんだよなーって。
むしろこの2つがあるので自分でもアセクシャルだと気づけなかった。


平行線は続くよどこまでも。

というわけで新しい環境になり、歓迎会などいろんな飲み会があるわけです。
つい先日の飲み会で、合コンしましょーとお誘いがありました。


私はそういうわけでアセクシャルですから、参加するのは良いけど頭数にいれて欲しくないんです。まあ無理なんですが。
一応、「私を含めずに考えてもらいたい」とは言いましたが、もちろんそうもいかず、私を含めての人数編成になるでしょう。


その時、その人から「この人の中では誰がタイプ?」とか「彼氏いないのもったいないよ」とか言われ、全然うまくあしらえなかった私。
いえいえ…私はいいんで…ほんとに…みたいな。コミュ障です。


そこで改めて感じたのは、ぐいぐい来られるとぐいぐい引くという自分。
その昔は「自分からはいけないからぐいぐい来てもらえたら…」とか思ってましたが、幻想でしたね。


未だに自信がない。

ここまで来ると、私は単に男性が苦手ってだけで、アセクシャルじゃないのでは?という気持ちが出てきます。
アセクシャルという性質上、それは仕方のないことで、たぶん一生この考えは付きまとうのですが、久しぶりにそういうことを考えました。


趣味も多く、一人でも十分楽しんで生活していることもあり、男が絡まなければ順風満帆なわたくしですが、本当に男絡みは弱みといって過言ではありません…。
私のことを性的対象の女として向かってくる男性への対処の方法が、いまだにわかんないんだよなー。


今日のまとめ。

とりあえず、今度の合コンで自分の性的指向を再確認してきますw



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ